鮮やかな3色グラデーション

あらゆる航空会社が格安航空券に参入している

ちょっと前までは格安航空券といえばLCCの専売特許のように言われていましたが、いまではそのようなことはありません。JAL航空券やANA航空券も格安の航空チケットに参入していますので、あらゆる選択肢が利用者側にはあることをまず知っておきましょう。スタートはそこからにしておくべきです。

いろんな選択肢がある意味

航空券のアイコン
普通運賃になると大手と言われるフルサービスキャリアの5割ほど安くなる特徴を持っているのがLCCです。それは事前購入でも違いがあり、フルサービスキャリアも早期割引によって格安航空チケットを提供していますが、LCCの価格には及びません。
ただし格安航空券としてみると、いろんなところが参入をしていますので、選択肢はいくらでもあることになります。

この意味がとても大切です。特にLCCは制限が多く、それがチケットの価格がに反映されています。
その制限を知らないことによって、利用者が不満を抱くことも。
そうならないためにもJAL航空券やANA航空券も格安にすることができることを知っておきましょう。

知らないことで不利益を被ることもあるのが格安航空券

受話器と吹き出し
特にLCCに対して指摘できることがあります。基本人が関わるサービスは有料になると考えてください。それほど有料化によってチケットの値段が上がる可能性があります。
それは予約時からも見受けられます。
わからないことがあればコールセンターに連絡をして予約をすることができるのがフルサービスキャリアです。
しかしLCCでそれを行うと必然的に有料になり、チケットが割り増しになってしまいます。
このように知らないことによって、安かったチケットがそうでもなくなることもありますので、十分注意をしておきましょう。
知らないことが利用者に不利益を与えることになります。

基本的に安心することができるのはフルサービスキャリア

航空チケットの値段に関しては太刀打ちすることができませんが、普通に搭乗するよりも随分と安く乗ることができるのが事前購入の早期割引システムです。
これを利用することによって、普段から搭乗しているように安くジェットスター国内線の便に乗ることができます。
LCCのように知らないことで問題になるようなことはありません。

いろんな選択肢があることを忘れないように

格安航空チケットといえばLCCを想像する人が多いですが、フルサービスキャリアも選択肢に入ります。
幅広い選択をすることができますので、ひとつに焦点をあてずにいろんな航空会社を選んでください。

更新情報