鮮やかな3色グラデーション

LCCによる格安航空券の注意点

格安航空券の代名詞とも言われているのがLCCであり、その後を追って事前購入型の早期割引航空チケットを販売するようになって生まれたのがJAL航空券やANA航空券の格安チケットです。このような関係からすぐに格安航空チケットといえばLCCを想起する人も多いでしょうが、実は曲者でもあります。

曲者と言われる理由

安いチケットを販売する経緯になったことについて、理解をする必要があります。あらゆるサービスを削減することによって、その結果格安航空券が生まれました。
よって飛行機を乗るのに当然だと考えられている機内サービスまでも取り払っていますので、求めるのであれば有料になります。
いろんなところで人件費を削減していることから、それを知らないことによって追加料金が発生してしまうのもLCCです。
基本どのような形態で航空チケットを入手したとしても、LCCの方がフルサービスキャリアより安くなります。
ただ知らなかったことによって追加料金が発生してしまえば、満足度も少なくなってしまうでしょう。

知ればそれほど怖くない存在

searchと書かれた虫眼鏡
ただし知らないからこそ、追加料金が発生することになります。知っていれば問題はありません。
だからこそ事前に購入を検討しているLCCについて調べるようにしましょう。
インターネットを活用すればいろんなレビューを見ることができます。それによって注意点を知ることができるでしょう。
知らないから追加料金が発生するのであって、知ればそのようなケースに遭遇することは滅多にありません。
特に、キャンセルに関しては事前にしっかり情報を握っておきましょう。

サービスを求めればお金が発生する

LCCを利用することに肝に銘じてほしいことは、サービスは求めれば有料になると考えてください。
電話による予約になれば、チケットの購入代金に加算されます。機内でドリンクが欲しければ有料です。
しかも高くなりますので、負担は増えることになりますよね。しかしそれらは対処することができる問題です。
サービスを求めない搭乗をすれば、なんら問題が起きることはありません。

受託や持ち込み荷物には要注意

ただし受託手荷物や持ち込み荷物に関しての制限が厳しいことから、それを超えることになると超過料金が発生します。しかも高いのが特徴です。
もはやLCCの宿命とも言われていることですので、事前確認を怠らないでください。

事前に検討しているLCCのことを知ること

購入を検討しているLCCについて必ず事前にチェックをしておきましょう。
そうすることによって起こりうる問題は格段に少なくなります。

  ≪ 前の記事: を読む