鮮やかな3色グラデーション

LCCの格安航空券は遅延に注意を

フルサービスキャリアと比較しても、遅延が多いのがLCCです。遅延だけではなく欠航もありますので、その点は注意して格安航空券を求めなければいけません。安いの代償としてさらに大きな負担を強いられることもあります。

遅延と欠航が多いLCC

強い風
天候によってどうしても飛行機を飛ばすことができない事情があります。これはフルサービスキャリアやLCCといった航空会社にはどうすることもできない事情になりますが、それ以外で遅延や欠航が起きることもあります。
特にその事情がフルサービスキャリアよりも多いのがLCCです。飛行機は空港にあるのに、機材の不調や整備不良によって遅延もしくは欠航になることがあります。
最近はフルサービスキャリアに委託していることもあり極端に減ってきてはいますが、それでもLCCの遅延と欠航が多いのが特徴です。

運航ができなくなったときの対処方法

フルサービスキャリアは代替便を出して対処をすることが多いですが、LCCはそれがないと思ってください。
ANAの傘下に入っているLCCになると代替便の用意をしてくれることもありますが、そうではない場合、空港で時間を潰すことになってしまいます。
よってその後の予定はすべてキャンセルになることも。
このような事情もあることから、絶対に遅れてはいけない用事がある場合リスクがあります。
もしくは余裕をもって飛行機に乗ることも必要です。

最近のLCCの事情から対象方法も変わってきた

そのようなLCCの対処方法に対して理不尽だと感じる利用者が声を上げ始めたことによって、対処方法も変わっています。
特にANAの傘下に入っているLCCは代替便が出ますし、欠航になったときの宿に関してもフルサービスキャリアと同じように用意してくれることもあります。
LCCの背後にある会社によっては対応が異なりますので、そこも格安航空券を選ぶときの判断にすると良いでしょう。

遅延と欠航は結構辛い

その後の予定が壊れてしまうことも辛いですが、空港で時間を潰すこともかなり辛い作業になります。
大きな空港であればラウンジが充実していますので時間を潰すことができますが、地方空港になると苦行になることも。
だからこそ遅延欠航に対する対処法について、甘く見ないほうが良いです。

このような可能性があることを知っておこう

安いことで飛びついてしまいがちなLCCですが、こんなケースもあることを知っておかなければいけません。
その後の予定に関することになりますので、しっかり遅延欠航時の対処方法について、航空会社の対応を確認しておきましょう。

  ≪ 前の記事: を読む